人生で一番大事なのは思い切りと諦めである。

会社員からドロップアウトして駆け出したばかりの物書きが、仕事という名のお金にならなそうな与太話を書き溜めていく予定のブログです。

※追記しました【多頭飼い崩壊の救済】千葉県近郊で、猫を飼いたい方はいませんか?

こんにちは、お久しぶりです。

相変わらず書きたい話題はあれど、考えすぎてうまくまとまってません。

でも今日はその辺の話じゃなくて、皆さんにご協力をお願いしたいことがあって戻ってきました。

これです。

 

 

猫の多頭飼い崩壊 支援協力求む

 

【追記】猫たちの写真はこちら(まだ一部のようです)

いつでも里親募集中 猫 C242198 千葉県猫オスメス多頭崩壊SOS!

 

 

 さっきからツイッターとかFBでも書いてるので「またか」と思った方すいません。

「多頭飼い崩壊」とは、何らかの理由で動物を複数飼い続けていた人が、自分の生活も動物の世話もままならなくなってしまった状態のことです。

この飼い主の場合はメンタル的な問題からのようですが、それは同情すべきにしても、20匹以上もの猫をそのまま放置するわけには行きません。

飼い主は今月末に現在の住居(千葉県市川市)を追い出されてしまうそうで、それまでに一時だけでも猫たちの行き先を探さなくてはなりません。

 

ちょうど猫を飼いたいと思っていた方、いらっしゃいませんか?

また、余っているフードや猫用品を提供できる方、現地での清掃等に協力できる方、もしいらっしゃいましたら、上記のブログの方に連絡を取って差し上げてください。

 

拡散していただくだけでも結構です。私も直接の力にはなれないので、せめてどこかに縁が繋がることを祈って、この件を書いています。

ここは場末どころか銀河系の果てのようなブログですが、今も見てくださっている方がおられるので、一縷の望みはあるかもしれないと思ったんです。

 

こういう件についてはボランティア団体や個人ボランティアの方が動くことが多いんですが、あまりにも事例が頻発していること、そして日々の保護活動で手一杯なことが多く、そうした方々だけでは追いついていません。

もちろん、崩壊するような飼い方をするほうが悪いのです。いくら動物が可愛くても、自分の生活を成り立たせた上で、養えるかどうかはきちんと計算しなくてはいけません。ほとんどのボランティアさんは、そのために里親探しを急いでいます。

しかし、その計算が出来ず、中途半端な良心を持った人がこのような事態を引き起こします。

 

いずれにせよ、動物に罪はありません。

今月末になって飼い主が現在の住居を追い出されてしまえば、猫たちはおそらく保健所に送られてしまいます。そのままガス室に送られることはほぼ確実です。

そうなる前に、多くの方にこの件が知れ渡り、その中から終の棲家になってくださる方が一人でも見つかるように祈っています。

 

ここではほとんど有益なこともできていない身で心苦しいのですが、ご協力いただければ幸いです。