読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で一番大事なのは思い切りと諦めである。

会社員からドロップアウトして駆け出したばかりの物書きが、仕事という名のお金にならなそうな与太話を書き溜めていく予定のブログです。

目標は立てることに意味がある(はず)

皆様、あけましておめでとうございます。
ここにも書こう書こうと思いつつ、2016年はドタバタしっぱなしでご無沙汰してしまいました。
2017年は季刊くらいのペースで行きたいものです。下書きに途中まで書いてそのままの記事がいくつか、いつか書こうと思ってはや二年経っているネタもありますし。


今年の抱負……というより今後の目標としては、細かい分野の中からいくつか的を絞って知識を深めたいと思います。
特に家族史や生活史。昨年ヨーロッパの家族史についての本を読んで、とても面白かったので。
「その日」に活かせるかどうかはビミョーなところではありますが……まあその辺は臨機応変にいきましょう。

2月から少しだけ余裕ができそうなので、博物館にも通いたいところです。昨年の後半は、全く博物館に行けませんでしたからね……歴史を書いている身でありえませんわー。
博物館以外でも、現地取材にもっと繰り出したいですね。城とか史跡として有名なところは既に多くの方がレポしていらっしゃると思うので、個人的なツボやピンときたところを中心に。
とはいえ主に金銭的な理由で頻繁な遠出はできないので、まずは足元の千葉県内や都内から攻めて行きたいと思います。


もうちょっと私的な目標としては、ドイツ語をやってみようかと。
趣味で編み物をやっているのですが、前々から気になっていたドイツのメーカー公式サイトに「今度英語サイト作るからもうちょっと待っててね!」と書かれていたんです。
何で読めたのかって? そこだけ英語だったからですw

ドイツ語と英語で同じような文章が載るはずですから、比較して勉強できるんじゃないかと思いまして。
ドイツ語は話者数はそんなに多くないですが、ドイツ史やオーストリア史の記述を原語で読めるのは大きなメリットですし、オランダ語デンマーク語あたりも同じゲルマン語派ですから、その辺もなんとなくわかるようになる……かもしれませんし(希望的観測)

どうせしゃべる機会はないので、単語を一つずつ拾っていくところからやろうと思っています。英語もゲルマン語派ですから、ロマンス語派よりは多少覚えやすいでしょう。パッと見て見当がつくものも多いし。
何より、好きなことに関連してればやる気が保てるはずです。そのメーカーが出してる毛糸が、一本の長い毛糸の中でとても美しいグラデーションになってるんですよ……日本のメーカーだとそういうのを出さないので、海外メーカーで探すしかないのです。国産でもやってくれればいいのになあ。

 

そんな感じでやりたいことが増えていく優柔不断なヤツですが、今年もよろしくお願いいたします。