人生で一番大事なのは思い切りと諦めである。

会社員からドロップアウトした物書きが、仕事という名のお金にならなそうな与太話とかゲームプレイ日記を書き溜めていくブログです。

メサを求めてトラブル続き

前回の記事を見てくださった方々、どうもありがとうございます( ̄人 ̄)

さすがMinecraft、いつもなら完全にありえない数の方がここに来てくださいました。

もっと早く更新すれば儲かりもするのでしょうが、やっぱり本業が好きなのでこっちは時々……という感じでやっていきます。もっとすごいクラフターの方は世界中にいらっしゃいますしね。

 

さて、町の開発を進めようと思ったのですが、このワールドはどうにも砂漠が少ない=ガラスが不足がちになりました。川底から採集するにも限度がありますし、テラコッタを焼き続けるのも面倒……。

というわけでメサを探すことにしました。でも、アテもなく探すのは効率が悪すぎます。

このワールドはチートにしてなかったので、コピーを作ってクリエイティブモード&チートオンにし、

「コマンドで森の館を探し、そこへ飛んでいくまでにメサが見つかることを祈る」

という、博打な方法で探すことに。

効率的には大差ないかもしれませんが、少なくともクリエイティブなら飛べる分マシ……なはずです。

きっと。

 

で、運良くメサが見つかったんです。しかし案の定、今開発している町からは座標にして4000以上離れていました。

なのでここは定番のネザーゲート移動をすることに。

 

「ついでにブレイズロッドとネザー水晶集めとこ」と思い、ブレイズをひたすら殴り続けてブレイズロッドを1スタック分集めたまでは良かったんです。

……その帰り道で、悲劇は起こりました。

 

壁際(マグマの近くではない)でネザー水晶を掘っていたら……1ブロックマグマの襲撃を見事に喰らいました。

完全に不意打ちだったので焦ってしまい、あれよあれよという間に溶岩に焼き尽くされてお馴染みの「死んでしまった!」という文字がデデドン。

……というわけで、ブレイズロッド1スタック溶かしました/(^o^)\

 

トラップを作るのも面倒&気分転換をしたかったので、最低限のブレイズを狩り、まだ倒してなかったエンダードラゴン討伐へ。

なんかあんまりこの話題を見かけない気がするんですが、エンドラって今の仕様だと、中央付近で止まってブレス吐いてる間に剣で殴り殺せるんですよね。

クリスタルも全部壊さなくてもよくなってるような……。

(検証したわけではないので、違ったらスイマセン)

 

あ、エンドシティも一つ見つけました。エンドシップはなかったけど、シュルカーの殻は回収したので有効活用したいですね。もちろんコーラスフルーツとコーラスフラワーも持って帰ってきました。

建築しながら栽培してると、たまにとんでもない高さになっててビビりますねアレw

このテクスチャだとエンドストーンレンガが好みの紫色でかっちょいいので、いずれ建築にも使いたいところです。ネザーレンガは濃いチャコールグレーでこれもかっこいい。

 

そんなこんなで今、メサでテラコッタと金鉱石を掘りつつ、レール類を回収しています。町の方には鉄道を引く予定はないので、町側のゲートとメサ側のゲートを繋ぐ分だけなら、メサの廃坑である程度まかなえると思うんですよね。

足りなければ、その分だけ作ればいいし。

 

町のほうは今こんな感じです。

f:id:nagatsukinanaki:20180218204706p:plain

 

一旦メサに行くとなかなか町のほうに戻れないので、だいぶ前のスクショです。まだ内装はないそう状態でハリボテだけど、そこそこ雰囲気は出てきたかな?

ここに写ってるのは、前回のスクショの場所から右のほうにある川を挟んだあたりです。ちょっとオサレ()な商店街と、イタリアのブラーノ島みたいな色彩豊かな町並みを合わせたような感じにしたくて。

1階に色を付けた羊毛、二階はマツの木材、あとは石レンガやマツのフェンスでちょちょいとやっています。

 

余談ですが、ブラーノ島の家々がカラフルなのは、「漁に出た人が、霧の深くなる冬でも、遠くから自分の家を見分けられるように」という理由だそうで。

一見派手派手なんですけど、そういうちょっと心温まる理由があるのっていいですよね。

この町も、バックストーリーが連想されるようなところにしていきたいなあ。

 

現在ブラーノ島で家に色を付けるには当局の許可が必要、かつ隣家とは別の色にしないといけないとのことです。その辺も参考になります。

 

あと、道にする予定だったところに露店(予定)をざっと組んでみたり。

f:id:nagatsukinanaki:20180218205009p:plain

 

地面に直接敷物を敷いて物を売っていて、お店の片隅で寝起きしているようなイメージで。

隠れてますが、左側の階段の壁際に、地下洞窟へ通じる道があります。そこで採れた鉱石を売り買いしたり加工するような露天もいいなあ。

なんかこう、「バザール」ってものが好きなんですよね。FF12のラバナスタにあるやつとか無駄にうろつきました。

根性がないので、あんなに精密なものは作れないけど、まあイメージとして。

 

 

次の更新は春になりそうです。確定申告と艦これの冬イベがあるので。

自分用の覚書も兼ねて、艦これの記事も一つくらい書こうかなあと思います。多分今回もどこかしらで沼るだろうから、その気分転換でもいいし。

更新が早かったら察してください(´・ω・`)